Go to the main text

GYEONGSANGBUK-DO

새바람 행복 경북! 경상북도

Andong International Mask Dance Festival
  1. Home
  2. 文化ㆍ観光 > 慶北の世界文化遺産

慶北の世界文化遺産

プルグッサ(仏国寺)

仏国土の理想を調和と均衡で表現した仏様の宮殿として新羅の科学と美学が成し遂げた統一新羅文化の精髄である。1995年12月9日、ユネスコの世界文化遺産に登録された。

  • 住所:慶尚北道慶州市仏国路385
  • 電話:054-746-9913
  • 営業時間:7:00 ~ 18:00(季節により変動)、年中無休
  • 入場料:5,000ウォン
プルグッサのダボタプ(仏国寺の多宝塔)

統一新羅造形芸術の極みに達した石塔であって、仏国寺の三層石塔と向かい合っており、東に位置している塔であり。国宝第20号に登録されている。

青雲橋・白雲橋

大雄殿に向かう紫霞門と繋がった階段のことをいう。仏の世界をつなぐ象徴的な意味を持つ。仏教の33天世界を象徴する33階段で構成されている。

  • 多宝塔
  • 青雲橋・白雲橋

ソックラム(石窟庵)

やさしく美しい仏様の姿を粗い花崗岩で表現した石窟庵は、統一新羅仏教美術の白眉と言える。国宝第24号に登録されており、1995年12月9日、ユネスコの世界文化遺産として指定された。

  • 住所:慶尚北道慶州市仏国路873-243
  • 電話:054-746-9933
  • 営業時間:7:00 ~ 17:30(季節により変動)
  • 入場料:5,000ウォン
石窟庵の全景

慶州石窟庵の石窟は、大韓民国慶尚北道慶州市にある吐含山の中腹にある石窟として、新羅景徳王10年、当時51才だったキム・デソン(金大城)が作り始め、20年後に完成された。

十一面観音菩薩像

本尊仏の真後ろにある十一面観音菩薩像は、人々を教化するために、11個の顔を備えている観世音菩薩である。大乗仏教を象徴する菩薩の中で最も慈悲深い菩薩である。

  • 石窟庵
  • 石窟庵の全景

大陵苑(テヌンウォン)地区

新羅の王様、王妃、貴族など身分の高い階層の巨大な古墳が市街地を抱いている形で、味鄒王陵、大陵苑一帯、五陵、東部史址地帯、財買井がある。新羅文化の精髄を極める芸術作品が多く出土された。

  • 住所:慶尚北道慶州市皇南洞104-1
  • 電話:054-779-8585
  • 営業時間:9:00 ~ 22:00
  • 駐車:小型駐車場2,000、大型駐車場4,000
チョンマチョン(天馬塚)

テヌンウォン(大陵苑)の古墳の中で唯一に公開している第155号の古墳である。新羅22代智証王の陵と推定される。大きくて華やかな金冠をはじめ、天馬が描かれたマルダレ(障泥)など、貴重な遺物が出土された。

ミチュワンヌン(味鄒王陵)

新羅13代王様である「ミチュ・イサグム(味鄒尼師今)」の墓であって、慶州皇南洞(ファンナムドン)古墳群大陵苑内によく整備して保存されている。王を祀るためのスンヒェジョン(崇恵殿)と一緒にある。

  • 大陵苑一帯
  • 味鄒王陵
  • 五陵

南山地区

新羅人の願いが込められた南山は、美しい自然に新羅人の長い歴史と美意識、宗教的儀式が芸術に昇華されたところで、谷や尾根に野外博物館というだけあって多くの文化遺産が点在している。

  • 住所:慶尚北道慶州市路西洞162-27
  • 電話:054-777-7142
  • 営業時間:9:00 ~ 16:00(慶州南山案内所)
  • ホームページ:www.kjnamsan.org

ファンヨンサ(皇龍寺)地区・サンソン(山城)地区

三国遺事に記録されている今では址だけ残っている皇龍寺地と、明活山の頂上に構築された半径約6kmの新羅の山城。新羅の築城術は日本にまで伝わり、影響を与えた。40,000余点の出土された遺物は、新羅時代史研究の貴重な資料となっている。

  • 住所:慶尚北道慶州市九黄洞(皇龍寺地区)/慶尚北道慶州市千軍洞(山城地区)
  • 電話:054-779-8585
  • 営業時間:9:00 ~ 22:00
  • 駐車場:無料
プナンサ(芬皇寺)

新羅善徳女王3年(634)に建てられ、偉大な高僧元暁と慈藏が経て行ったお寺である。現在境内に模塼石塔、和諍國師碑、三龍變魚井などが残っている1,400年の由緒のある歴史的な寺院である。

皇龍寺歴史文化館

皇龍寺の歴史を学ぶことができ皇龍寺址に建てられた文化館である。3D視聴覚室にて皇龍寺関連映像を上映し、皇龍寺址9階木塔を縮小復元した模型もある。

  • 皇龍寺地
  • 明活山

ウォルソン(月城)地区

新羅王朝の宮廷であり、政治・文化の中心地だった月城址は、地形が三日月のようで新月性とも呼ばれた。千年が流れても当時新羅の科学技術と創造性が見計らえる優れた文化遺産が多く残っている。

  • 住所:慶尚北道慶州市仁旺洞387-1
  • 電話:054-779-8743
  • 営業時間:24時間
  • 入場料:大人2,000ウォン、青少年1,200ウォン、子供600ウォン
チョムソンデ(瞻星台)

東洋最古の天文観測台であり、新羅の科学精神を反映した建築物だ。石ひとつひとつに高度の象徴的な意味が込められている。東洋で最も古い天文台として知られている。

トングンとウォルチ(アナッチ)東宮と月池(雁鴨池)

統一新羅時代の離宮(トングン・東宮)の中にあった人工池(ウォルチ・月池:アナッチとも言えた)で、小さい池が海のように広く感じられるように造成した新羅の優れた造園術が見られる。夜景が非常に美しい。

  • 瞻星台
  • 東宮と月池

ヤンドン(良洞)マウル

500余年の伝統を誇る韓国最大の班村マウルだ。朝鮮の上流住宅をはじめ、古色蒼然した昔の家屋が残っており、伝統文化や伝統料理などが体験することができる韓国の歴史村である。伝統的な民俗村の中で最も大きな規模と長い歴史を持っている。

  • 住所:慶尚北道慶州市江東面良洞マウルギル93
  • 電話:054-762-2630
  • 営業時間:9:00 ~ 19:00(季節により変動)、文化館は毎週月曜日休館
  • 入場料:大人4,000ウォン、青少年2,000ウォン、子供1,500ウォン

オクサンソウォン(玉山書院)

朝鮮中宗の時、李彦迪の学問と徳行を称えるために建てられた書院である。建物の配置や建築様式において自由でながら形式的で節制された形式を反映しており、学問研究に重点を置いた独自の機関としてよく備えている。

  • 住所:慶尚北道慶州市安康邑玉山里7
  • 電話:054-761-2211
  • 営業時間:9:00 ~ 18:00(季節により変動)
  • 駐車場:無料

ハフェ(河回)マウル

ソエ・リュソンリョン(西涯・柳成龍)をはじめ、大学者を輩出したところで、豊山柳氏が600年余り代々暮らしてきた韓国の代表的な同姓村である。イギリスのエリザベス2世女王が訪問し、世界的に有名になった韓国の歴史文化の村である。

  • 住所:慶尚北道安東市豊川面河回宗家ギル40
  • 電話:054-853-0109
  • 営業時間:9:00 ~ 19:00(季節により変動)、年中無休
  • 入場料:5,000ウォン
船遊チュルブル・ノリ(船遊紐火遊び)

昔、安東河回マウルで旧暦7月16日に火花が散って落ちる壮観を楽しみにした両班らの遊び。品格と趣の両班ノリ(遊び)文化の精髄である。

河回世界マスク博物館

河回マウルの入り口に位置し、250点余りのマスクと外国のマスク250点余りを所蔵・展示しており、東西洋の異なる仮面文化を比べながら楽しむことができる。

  • 河回マウル
  • 河回マスク

ポンジョンサ(鳳停寺)

仏教文化が栄えた統一新羅672年(文武王)に建てられた寺院で、創建者のヌンイン大師が、折り紙で作った鳳を飛ばしたら、その紙の鳳が降りたったという意味で名付けられた。韓国で最も古い木造建築物として知られている。

  • 住所:慶尚北道安東市西後面鳳停寺ギル222
  • 電話:054-853-4181
  • 営業時間:6:00 ~ 19:30(季節により変動)、年中無休
  • 入場料:2,000ウォン
極楽殿

極楽殿は、現存する韓国の木造建築の中で最も古い最古の建物である。高麗時代の建物だが、先代の統一新羅の建築様式を内包している。

大雄殿

ポンジョンサ(鳳停寺)の中心仏殿である大雄殿は世宗の時に重修されたという記録の発見に基づき、その前に建てられた建物であり、高麗の多包系建物様式をよく保存している貴重な資料である。

  • 極楽殿
  • 大雄殿

ビョンサンソウォン(屏山書院)

洛東江が漂う岩崖に面しながら立っている屏山書院は、絶妙な景色と優れた建築物としても有名である。また、書院の典型的な形が最もよく保存されたところとして有名である。各種文献1,000種3,000本が所蔵されている。

  • 住所:慶尚北道安東市豊川面屛山里30
  • 電話:054-858-5929
  • 営業時間:9:00 ~ 18:00(季節により変動)
  • 入場料:無料
マンデル(晩對樓)

向かいの屛山とあまりにもよく似合うマンデルは、いつでもその場所に座って眺める風景に酔ってしまう。遠くから見るとはきはきとしたソンビの気質が感じられる建物である。

復禮門

屏山書院の正門で、正面の1間の大門である。復禮とは「自分を下げ、礼に戻ることが即ち「仁」である」というフレーズから取ってきた言葉である。

ドサンソウォン(陶山書院)

韓国最高の儒学者「トェグェ・イファン(退渓李滉)」の学問と徳行を追悼するために建てられた書院である。緑豊かな松林が取り囲んでおり、趣と叙情が感じられる。全体的に簡潔、質素で、学問を勉強するソンビの姿勢をよく反映している。

  • 住所:慶尚北道安東市陶山面土溪里680
  • 電話:054-840-6599
  • 営業時間:9:00 ~ 17:00(季節により変動)
  • 入場料:大人1,500ウォン、青少年700ウォン、子供600ウォン、毎月最後の水曜日は入場無料
サンドクサ(尚德祠)

陶山書院の奥にある「サンドクサ(尚德祠)」は、退渓李滉の位牌を祀っ祠堂である。簡潔で非常に質素に建てられた伝統深い朝鮮時代の建築であって、よく保存しなければならない文化財である。

オクジンカク(玉振閣)

玉振閣は、退渓李滉の生前に使っていた枕と桁をはじめ、多くの遺物が展示されている。学術研究と弟子の養成に力を注いた退渓の差し伸べた手が感じられる展示館である。

ユギョチェクパン(儒教冊版)

「儒教冊版」とは、朝鮮時代の儒学者の著作を刊行するために板刻した305の門中や書院などから託された718種64,226枚の木版を指す。16世紀から20世紀半ばまでの約500年間続いており、世界最高水準の儒教的理念国を作るために重要な貢献をした。

  • 住所:慶尚北道安東市陶山面退渓路1997
  • 電話:054-851-0800
  • 営業時間:9:00 ~ 17:30、月曜日休館
  • 入場料:無料

韓国国学振興院

2015年には「儒教冊版」をユネスコ世界記録遺産に登載し、2018年6月には国学資料収集50万点を突破することにより、韓国における最多の国学資料所蔵機関として地位を高めた研究機関である。現在儒教冊版が保存・管理されている。

  • 住所:慶尚北道安東市陶山面退渓路1997
  • 電話:054-851-0700
  • 営業時間:9:00 ~ 18:00、月曜日休館
  • 駐車:駐車可能

プソクサ(浮石寺)

鳳凰山の中腹にある浮石寺は、新羅文武王16年(676)に衣装大師が王命に従い華厳の大きな教義を広げたところである。韓国で最も古い木材建築物であるムリャンスジョン(無量寿殿)のほか、多くの文化財が存在する。仏殿の側面に仏像を祀っているのが特徴である。

  • 住所:慶尚北道栄州市浮石面浮石寺路345
  • 電話:054-633-3464
  • 営業時間:7:00 ~ 18:00、年中無休
  • 入場料:大人1,200ウォン
  • 浮石寺
  • 無量寿殿

ソスソウォン(紹修書院)

ヨンジュ(栄州)の紹修書院は、1542年豊基郡守ジュ・セブンがアンヒャン(安珦)を祀るために祠堂を立てたが、1543年に儒者たちを教育しながら白雲洞書院とした。韓国の「書院の嚆矢」であり、韓国では王が扁額を賜った最初の賜額書院である。

  • 住所:慶尚北道栄州市順興面內竹里152-8
  • 電話:054-634-3310
  • 営業時間:9:00 ~ 18:00(季節により変動)
  • 入場料:大人3,000ウォン、青少年2,000ウォン、子供1,000ウォン、毎月最後の水曜日は入場無料

汲水臺・柱状節理

周王山国立公園を成している代表的な岩石は凝灰岩である。凝灰岩は、火山噴火時に噴出した火山灰が固まった岩石である。そして柱状節理は、その後,常温に冷える過程で体積がわずかに収縮して形成された柱状の隙間が生じたものです。汲水臺とは、このような柱状節理がよく見られるところである。

  • 住所:慶尚北道青松郡府東面上宜里サン8-1
  • 電話:054-870-6111

方壺亭嵌入曲流川

方壺亭とは、薪城溪谷の崖の上に位置する歴史のある亭である。1619年には、朝鮮中期の学者の趙遵道が亡くなった母を思う心で立てた。約1億年前の堆積岩を過ぎる吉安川が嵌入曲流川を発達させたが、その理由は、形が曲がりくねって激しい谷に接しているからである。このような河川は、地殻の隆起により元の曲がりくねった形状を維持しながら、下に深く形成される。

  • 住所:慶尚北道青松郡安徳面薪城里サン101
  • 電話:054-872-0528

白石灘ポットホール

薪城溪谷の精髄と選ばれる白石灘は、「白い石がキラキラと輝く川」という意味で、見事な岩が壮観を成し相次い現れる。白石灘ポットホールとは、続く流れにより長い間風化浸食されて、岩盤に瓶の形の深い穴が生じたものでかめ穴のことであり、青い光が漂う真っ白な岩盤が目に覆われたようで、白く輝くその上を澄んだ川が流れている。

  • 住所:慶尚北道青松郡安徳面高臥里648
  • 電話:054-870-6111
담당부서 :
경상북도청
전화번호 :
1522-0120
업데이트 날짜 :
2021.01.26