ニュ-ス

  1. Home
  2. 情報提供
  3. ニュ-ス

ニュ-ス

제목
慶?北道?州に水素?電所建設
  • 등록일2019-11-07 14:31:47
  • 작성자 Investment [이정애 ☎054-880-4613]
내용
慶尚北道尚州に水素発電所建設
 - 慶尚北道・尚州市⇔韓国東西発電・尚州エナジー投資MOU締結 - 
- 2019年~2021年で3,250億ウォン投資、50MW級水素発電所 -
- 地元民優先採用、発電所周辺支援金など地域経済活性化に期待 -


慶尚北道は、尚州市と共に25日、尚州市庁の大会議室で、全遇憲(チョン・ウホン)経済副知事、黄天模(ファン・チョンモ)尚州市長、ピョ・ヨンジュン韓国東西発電本部長、イム・ユンチョル尚州エナジー社長、地元道議会議員および市議会議員などが出席する中、「水素発電所」を建設するMOU(投資覚書)を締結したと明らかにした。

老朽化した青里一般産業団地に新しい活力を吹き込む「尚州水素発電所」は、2019年から2021年まで総事業費3,250億ウォンを投入し、66,000㎡の敷地に50MW級の施設を建設。
  
年間発電量は411GWhで、これは月間使用量を300kwhとした場合、約11万世帯に電力を供給できる量。

水素発電所は、天然ガス(LNG)から水素を取り出し、空気中の酸素と化学反応させることで電気を作り出す代表的な再生可能エネルギー施設。ソウルなどの都心にも建設されており、発電効率が高く、空気を汚さないクリーンエネルギーを生産。太陽光や風力と違って、時間や自然環境の制約を受けずに発電できるというメリットがある。 

工事期間中は約500人の労働力が必要で、50人以上の新規雇用が創出される見込み。尚州エナジーは、地元企業の人材と設備を優先的に利用すると約束した。 
また、発電所の近隣地域には約47億ウォンの特別支援金と毎年3千万ウォン程度の基本支援金が投資されることから、地域経済の活性化に大きく資すると期待される。 

全遇憲慶尚北道経済副知事は「本日のMOU締結により建設される水素発電所がきっかけとなり、より多くの企業を誘致して青里一般産業団地の活性化につながることを願う」と期待を寄せた。

また、「慶尚北道では企業にやさしい道政を行って優良企業を誘致し、これによる雇用創出と地域経済の活性化に力を尽くす」と述べた。
첨부파일
첨부파일이 없습니다.

첨부파일이 다운로드 되지 않을 때

담당부서 :
경상북도청
전화번호 :
054-880-4614
업데이트 날짜 :
2019.09.10